次世代Xbox Durangoは16コアCPUを搭載可能

任天堂はこれから5年ほど前からWii Uコンソール用のハードウェア仕様を抱えているようだが、現在はXbox Durangoと呼ばれる次世代Xboxで未来を見据えているというのは良い意味合いだ。

開発者によると、Microsoftは2013年末に新しいXboxハードウェアのバージョンをプログラマに出荷し、システムのゲームのコーディングを開始した。彼らが見たことは、16コアのPowerPC CPUを搭載したコンソール、現在のXboxの3コアCPUからの大きなジャンプ、AMD Radeon HD 7000シリーズGPUです。また、内蔵のブルーレイプレーヤーも付属しています。 Kinectの次のバージョンでは、これらの16個のCPUコアのうちの4つが必要になると思われるため、マイクロソフトがコアに満足している理由の1つがわかります。

プレイステーション4はAMDのCPUとRadeonの両方のグラフィックスを持っていると噂されており、Xbox Durangoの前に出荷される可能性がある。おそらく$ 300の値札でWii Uが起動します。その価格は、ゲーマーが現在のXboxとPS 3に相当するハードウェアを飲み込むのは難しいかもしれません。特に、タブレットゲームがHDTVへのストリーミング機能を強化する場合はそうです。もちろん、16コアのXboxにはどれくらいの費用がかかり、消費者が先進的なハードウェアを購入する意思があるのか​​興味深い。

[VentureBeat経由で]

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む