HP Officejet J6480レビュー

Officejet J6480は、Hewlett-Packardの最新オールインワンプリンタで、低価格で多機能なデバイスを必要とする中小企業に魅力を感じるように設計された多数の機能を備えています。 J6480の価格と機能は、私たちが気に入っているすべてのデバイスの1つになっています。

このAU $ 299の多機能プリンタは、自動両面印刷、写真仕上げ、ワンタッチファックス、光学式文字認識(OCR)テクノロジ付きスキャナ、自動ドキュメントフィーダ(ADF)、内蔵ワイヤレス802.11gネットワーキング

J6480には、印刷品質、ソフトウェアのユーザビリティ、またはハードウェアのショートカットを犠牲にすることなく、299ドルのプリンタで通常表示されないこれらの追加機能がすべて含まれています。 AIOの平均速度よりも遅い写真をプリントするにもかかわらず、J6480の堅牢な機能セットの残りの部分は、私たちの好きなdo-it-allデバイスの1つになっています。

設計と機能; HP Officejet J6480は比較的幅広(幅47.5 cm、深さ47.2 cm)で重いもの(7.65 kg)ですが、高さ24.5 cmの立てっぱなしで低姿勢を保ちます。大きなフットプリントとトレーが体に折り込まれないという事実は、おそらく事務所の周りを頻繁に移動させないことを意味します。しかし、マットホワイトとグレーのパネルと光沢のある黒いコックピットの組み合わせは、残りのインテリアとよく混ざります。

一見すると、J6480には多くのことが起こっているようですが、ボタンはナビゲーションをかなり簡単にするような方法で編成されています。フロントパネルには、スキャナー、プリンター、コピー機、ファックス機用の一連のショートカットがあり、テンキーパッドとファックスボタンはコンソールの半分を占めています。また、システムの環境設定やインクカートリッジやプリンタのノズルを維持するためのツールに素早くアクセスするための2行の小型LCD画面もありますが、ファックス機には3つのオートダイヤルしかありません – ほとんどのAIOは、ボタン。

フロントパネルには、外部カードリーダー(xD、メモリスティック、SD、コンパクトフラッシュをサポート)とワイヤレスオン/オフボタンもあります。残念ながら、J6480には、デジタルカメラから直接画像を転送するためのPictBridgeポートはありません。メディアベイとPictBridgeポートの両方を含む冗長性を理解していますが、PictBridgeはすぐにダイレクトプリントのデファクトスタンダードになりつつあり、HPがプリンタの設計上でこれを考慮したかったら幸いです。

250枚の入力トレイには、任意の用紙サイズに合わせて調整可能なアームが付いています。トレイは実際には機械に固定されており、腰掛けのトレイを採用する他のプリンタとは対照的に、丈夫なプラスチック製です。プリンタには、一度に最大35枚のスキャンやコピーを行うためのオートドキュメントフィーダと、ドライバ設定でアクセス可能な両面印刷用のオートデュプレクサもあります。

最後に、HPは無線802.11gネットワークを内蔵したデバイスを完成させる。私たちは画面上の指示に従い、10分以内にJ6480とデスクトップコンピュータを正常にペア設定しました。そこから、ドライバを他のデスクトップにインストールするだけで、サテライトコンピュータをプリンタに接続しました。プリンタでワイヤレスネットワークを設定するプロセスは一般的に苦痛で、特別なネットワーク構成とシステムの変更が必要ですが、J6480は画面上の指示に従ってセットアップを進めてゆきます。

ドライバに加えて、J6480にはHPのPhotosmart EssentialおよびSolution Centerソフトウェアも付属しています。前者はデジタル写真のインポート、整理、編集、共有を可能にし、後者は文書のファックスやスキャン、プリンタで使用する追加の消耗品の注文に役立ちます。

Justin Yuについて

J6480には、ブラックカートリッジが1つ(AU $ 16)、カラーカートリッジが3色(AU $ 18)の2つのカートリッジベイがあります。テスト中はカラーインクが不足していましたので、HPのWebサイトで入手可能なXLカートリッジをAU $ 37で購入することをお勧めします。標準カートリッジの2倍の価格ですが、黒とカラーの両方で3倍のページ収率を提供します。

J6480のスキャナにはオンボードのOptical Character Recognition(OCR)ソフトウェアが付属しており、スキャナがグラフィックスを編集可能なテキストに変換することができます。 HP Solution Centerソフトウェアには、「テキストに変換」オプションと、スキャン時に自動的に変換される埋め込み「編集可能テキストとして保存」機能があります。

私たちは手書きのメモやシンプルなテキスト文書の印刷物を含むいくつかの文書を使ってこの機能をテストしました。大文字でクリアなテキストがうまく翻訳され、ソフトウェアは元のフォントにもマッチしましたが、そのアルゴリズムは文字がどれほど一様であっても、手書きの部分と同様に小さい文字も認識できませんでした。代わりに、スキャナは私たちの手紙をWing Dingsのように見えるフォントに変更しました。全体として、OCRは完璧ではありませんが、プレゼンテーションやその他の大判スキャンでの軽い編集にはうまく対応できます。

パフォーマンス; HP Officejet J6480は、写真を除くすべてのスピードテストカテゴリで競合他社より優れていました。この場合、HPは1分あたり0.83枚の写真を撮影したが、Lexmark x7550を打ち破ることはできなかった。これは、最も遅い写真プリンタ(1.16PPM)のために打ち負かす以前のモデルだった。写真は別にして、残りのスピードは驚くほど速かった。 J6480はスピードテストでBrother MFC-685CWとKodak EasyShare 5500を吹き飛ばしました.1分間に3.4ページのスキャン速度がAIOプリンタカテゴリのより高いベンチマークの1つです。

写真を印刷するためにJ6480を使用することに決めた人は、待っているテキスト、グラフィックス、そしてフルカラーの写真が細かい鮮明なラインでとても喜ばれます。一部のプリントではカラーキャストに気がつきましたが、HPの画像編集ソフトウェアではわずか5分で修正されました。私たちのポートレートショットの肌の色調は背景とよく調和していて、濃い紫色と青色と緑色の薄い色合いを含む豊富なカラーパレットを展示していました。

プレゼンテーションやその他の交通量の多いドキュメントでは、HPのプレミアムプレゼンテーションペーパーを使用することをお勧めします。ノズルは普通紙に滑らかな色のグラデーションを塗りつぶすのに苦労し、マットコートの仕上げは三色インクに適しています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン