日本の次のスーパーコンピュータは現在のKよりも100倍速い

日本は、2020年までに次世代スーパーコンピュータの開発を計画しており、これは同国の最新モデルであるKよりも100倍も高速です。

文部科学省の関係者らは、2015年度の予算要求で新型機械の設計に資金を拠出すると発表した。

同省は、次世代スーパーコンピュータを利用して医薬品の開発と防災の強化を図り、地震や津波を予測するなど、さまざまな目的を果たしたい考えだ。彼らはまた、エクサフロップ能力、または1秒あたり1兆分の1の計算で撃つでしょう。

新スーパーコンピュータのコストは、Kの開発に必要な1,100億円以下に抑えられることが期待されている。

日本の最新のスーパーコンピュータKは、2011年に富士通と国営の理研研究所が共同開発したもので、世界初の1秒当たり10兆回の計算を行うスーパーコンピュータです。しかし、11月の時点で、米国で開発されたタイタンとセコイアの後ろにある世界のスピードランキングでは3位になった

世界で最も高速な500台のスーパーコンピュータであるトップ500のスーパーコンピューティングリストによれば、Kは2011年には初めてでしたが、2012年6月には2番目に落ちました。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す