特許庁は「先行技術のためのスラッシュドット」を必要とする

IBM、シティグループ、ゴールドマン・サックス、ゼネラル・エレクトリックなどの企業の上級幹部を含む経済開発委員会は今週、経済成長を促進するための開放性の向上を勧告する報告書を発表した。

「オープンスタンダード、オープンソース、オープンイノベーション」と題する報告書(PDFはここをクリック)は、2001年にCEDはビジネスメソッドが特許性を持たないことを勧告していたと指摘した。また、特許庁は革新的ではないため、特許を付与すべきでないという証拠の検索方法を改善するよう特許庁に要請した。

特許商標庁は、インターネットが、先行技術、特にインターネットが最も知識のある解説者に到達するための新しい機能を提供する情報技術分野を文書化しようとする際に、ますます増やすべきである。 「先行技術のスラッシュドット」が目標になるはずだ」と同報告書は、オンラインの技術討論コミュニティを参照していると述べた。

CEDは議会の特許制度の見直しを歓迎した。同委員会は、異なる産業に別々の特許制度が必要かどうかを検討すべきだと述べた。

このような見直しは、今日の単一システムが、特にソフトウェア特許に関する問題の拡散を考慮して、すべての産業分野にうまく役立っているという前提を再検討すべきである」と述べた。

CEDはまた、今日のIT環境でオープンソースが「ますます重要になってきている」と述べているが、政府がソフトウェアが独占的であるかオープンであるかを判断するべきではないと述べた。同グループはまた、オープンスタンダードと相互運用性に向けた強い立場を表明し、連邦政府が後者に対するより強力な政策を策定するよう求めている。

米国政府は、相互運用性義務に関する政策を見直し、そのような義務、特に重要な政府機能に関するIT分野の相互運用性について、条約の義務と合致した方法で達成できるかどうかを判断すべきだ」と述べた。

イギリスのウェブサイトのIngrid Marsonはロンドンから報告した。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行