HP OmniBook xt6050レビュー

HPのOmniBook xt6050ノートブックは、企業向け(および比較的高価な)OmniBook 6×00シリーズと新技術駆動のPavilionシステムの間のマーケットニッチを埋めるように設計されています。その結果、コスト削減を目指して法人顧客にアピールする必要のある、機能が制限されたシステムと、信頼できるモバイルコンピューティングプラットフォームを求める中小企業が生まれました。

当社のレビューサンプルは、インテルの0.13ミクロンモバイルPentium IIIプロセッサ-M(MPIII-M)をベースにしており、933MHzで動作し、512KBのレベル2キャッシュとEnhanced SpeedStep省電力技術を搭載しています。チップセットはインテルの830MGです。830ファミリの価値あるメンバーで、統合グラフィックスチップは、システムの256MBのPC133 SDRAM(1GBまで拡張可能)の48MBを補完します。 xt6050には、モバイルCeleronとMPIII-Mプロセッサを搭載したモデルが含まれています。

OmniBook xt6050は、見た目はしっかりとしていますが、薄型グレーのシステムは31.5×26.1×3.6cm、重量は2.69kg(ACアダプタで3.06kg)、14.1インチXGA解像度の画面。これは2スピンドルのノートブックで、フロントスピーカーには8スピードのDVD-ROMドライブが、フロントには20GB、4,200rpmの東芝ドライブが搭載されています。モジュラーベイには、CD-ROM、CD-RW、DVD / CD-RW、Zip、フロッピーなど数多くの代替ユニット(他のOmniBookとの交換が可能)があります。 2番目のバッテリをモジュラベイに装着することはできませんが、幸いなことに標準のリチウムイオンバッテリからのバッテリ寿命は十分に良いので、この機能を犠牲にする可能性はほとんどありません。

設計上、OmniBook xt6050はよく考えられています。 PgUpとPgDnのキーにアイコンを付けると、最初は混乱していましたが、88キーのキーボードは快適で応答性があり、分かりやすいレイアウトです。ハイエンドのOmniBookとは異なり、xt6050にはデュアルポインティングデバイスが搭載されています。ナビゲーションは4ボタンタッチパッドだけで実現します。慣習的なマウスとスクロールボタンのほかに、上部には無効にするボタンが追加されているので、誤ってタッチパッドをブラッシングしてカーソルの位置を失うことはありません。

xt6050のI / Oポートと拡張オプションは、シリアル、パラレル、VGA、赤外線、PS / 2、USBポート2つとドッキングコネクタを追加することなく、すべてのベースをカバーします。左側にタイプIIのPCカードスロットが2つ積み重ねられ、内蔵56Kbpsモデム用のRJ-11ポートと10 / 100Mbpsイーサネット接続用のRJ-45ポートがそれぞれ装備されています。ワイヤレスイーサネット接続には、Actiontec MiniPCI 802.11bアダプタが付属しています。フロント側の左側にボタンがあり、必要に応じてバッテリーを節約します。

右側には、マイク入力とヘッドホン/スピーカー出力、およびハードウェア音量コントロールとオーディオミュートボタンのオーディオポートとコントロールがあります。より高価なノートPCと比較して、不足しているのは主にIEEE 1394とビデオ出力接続です。この接続は基本的にこのシステムでのビデオ編集を排除します。

933MHzのMPIII-Mベースのxt6050の性能は、バッテリ寿命には優れていますが、壮大ではなく、堅牢です。ビジネスウィンストン2001のスコアは34.5と非常に高く評価されているため、主流の生産性アプリケーションを優れた速度で実行します。それはハイエンドのアプリケーションでは中道ですが、Content Creation Winstone 2002のスコアは18.3(トップスコアは30に近づいています)です。 8セルの3,400mAh Li-ionバッテリのバッテリ寿命は3時間28分と印象的です。これは、最大性能モードのプロセッサと電源管理機能をオフにした状態です。

我々は、HPのOmniBook xt6050が好きで、ターゲット市場 – コスト重視の企業や中小企業 – もそうであると考えている。それは決して「セクシー」ではありませんが、それはポイントではありません。それは、リーズナブルな価格で(ワイヤレスネットワークを組み込んだ)機能とパフォーマンスの良いミックスを提供します。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン