openSuSE 13.2を手に入れよう

まあ、雨が降っているときもあります。今日は、待望のopenSuSE 13.2ディストリビューションの最終リリースと、Fedora 21の予定されたベータリリースがあります。私はこれら両方のディストリビューションの開発に従事しています。それらに私の手を得るために。どちらもUEFIとLegacy(MBR)ブートをサポートしていますので、ここではほとんどすべてのものをロードしていきます。

公式に利用できるようになったのでopenSuSEから始めます。リリースの発表では、これを「緑の光から自由」と表現しています。ここでの変更と改善のリストを繰り返すのではなく、単にその発表にあなたを紹介します。 openSuSEに興味がある人は、それを読んでそこに含まれているサンプルのスクリーンショットを見るのには数分かかるでしょう。私はここであなたに与えることができるより多くの情報を得るでしょう。

ISOイメージは、openSuSEのダウンロードページから入手できます。このページでは、最初はフルDVD(4.4GB)とネットワークインストール(80MB)イメージしか表示されません。 「代替メディア」(ライブイメージとレスキューバージョン)のテストと推奨が少ない「限定的な使用」のテキストブロックがあります。うーん。さて、私は、開発サイクル全体を通して、ライブイメージが完全なインストーラよりずっと頻繁に壊れていることを保証することができますが、今回は完全で安定していることを願っています。

とにかく、別のバージョンを表示するためにクリックすると、KDEおよびGnomeデスクトップ用のライブイメージ、USBスティックまたはCDから起動できますが、ディスクへのインストールには使用できないRescueイメージ、および ‘openSuSEデリバティブ ‘この記事では、KDE ​​Liveイメージからインストールする予定ですが、その中で私は一般的なインストーラをダウンロードしていきます。これは将来のインストールで一般的に使用されます。

ライブイメージは909MBで、通常はハイブリッドイメージなので、ディスクに書き込むか、ddまたは同等のWindowsユーティリティを使用してUSBスティックに直接コピーすることができます。 Liveイメージは、レガシー(MBR)またはUEFIファームウェアシステムで起動し、UEFIではSecure Bootを有効にして起動します(はい、試しました)。

それがopenSuSE Liveデスクトップ(KDE)です。これを使用して、ハードウェアの互換性を判断することができます。ネットワーク接続(有線とワイヤレス)、キーボードとマウス/タッチパッド/その他、ディスプレイの解像度と品質、USB / VGA / HDMI / SDポートなどの明白なことを確認してください。それに満足している場合は、デスクトップ上の「インストール」アイコンをクリックしてインストールを開始できます。

openSuSEのインストーラは私の好きなものではありませんが(Anaconda is)、使い方が簡単で、仕事を最小限に抑えることができます。それには以下のステップが含まれます。

あなたが本当に速いコンピュータを望むなら、Linuxはあなたのオペレーティングシステムであり、Intelはあなたのチップメーカーかもしれません。

デフォルトのファイルシステムタイプはBtrfsですが、必要に応じてDisk Partitioningステップでext4(またはその他のもの)に変更することができます。また、UEFIシステムでは、インストーラは最初のEFI Bootパーティションを認識し、/ boot / efiにマウントするように設定しますが、別のパーティションを使用する場合は、これを変更することもできます。

GRUB2またはGRUB2-EFIのブートが適切に構成され、UEFIシステムでセキュアブートが構成されます。今回のリリースでは、openSuSEが手作業による介入なしに起動設定を取得するのは初めてです。以前のリリースでは、頻繁にLegacy / EFIの起動が誤って選択されていました。

「インストール」をクリックして(確認して)、インストールプロセスに約10分かかります。それは本当にすごいです。インストールが完了したら、インストールしたシステムを再起動することができます。 UEFIファームウェアシステムを使用している場合、この点はUEFI実装の方がopenSuSEよりもずっと多くなります。私はそれがブートに失敗した場合、またはopenSuSEの代わりにWindowsを起動する場合、UEFIとLinuxに関する私の以前の記事を参照してください。ここでは、一般的な問題と解決策について説明します。

OK、デスクトップがあり、ベースディストリビューションには何が入っていますか?

これらの携帯電話の3つすべてが優れており、同等のiPhone 6sまたは6s Plusよりも安いです。

多くの人々が、JavaやFlashなどのリストや、VLCメディアプレーヤーや、さまざまな所有権を持つ、あるいはFOSS以外のさまざまなドライバーから、欠落していると思われるものがいくつかあります。それらを得るには、第三者のリポジトリを使用することができます。最もよく知られているのはPackmanです。それらを使用する方法の詳細については、openSuSE wikiを確認してください。

今は十分だと思います。ここでの私の意図はopenSuSEで誰かを売るのではなく、それが外出していると言うことです。私は問題なく2つのシステムにロードしました。

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

言語とキーボード、場所とタイムゾーン、ディスクパーティショニング、ユーザーアカウント、要約/確認

あなたが個人的な意見や経験に興味があるなら、openSuSEは自分が所有するすべてのコンピュータに常に保存するディストリビューションの1つです(Fedoraはもう一方です)。それらのほとんどは、おそらく全てが、私は完全にはわからないが、デフォルトでopenSuSEを起動していて、Grubブートメニューに他のディストリビューション(そして時にはWindows)を持っている。それはすべてうまくいく。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

?初期のLinuxで始める

Linuxカーネル3.16.6、KDE ​​4.14.2、X.Org X Server 1.16.1、LibreOffice 4.3.2.2(書き込み、Calc、Impress、Draw、Base、Math)、Firefox 33.0、digiKam 4.3.0、gwenview(KDEイメージ視聴者)、Amarok 2.8.0(音楽プレーヤー)、openH264ビデオコーデック、YaST2(管理コントロールセンター)

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューション、クラウド、Red HatはまだOpenStackの企業、エンタープライズソフトウェア、Linuxの初期段階からのLinux、Linuxのサバイバルガイド:LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるように計画しています

最新レビュー

Linuxのサバイバルガイド:この21のアプリケーションは、LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるようにします