インドネシア、ベトナム、有利な投資のホットスポット

インドネシアとベトナムは、IT製品の国内市場の拡大、政府によるインフラへの強い投資、通信業界における機会などにより、他の地域よりも魅力的な選択肢となっているという。しかし、これら2カ国に拠点を置いて検討しようとする企業にとっては、まだまだ障壁があります。

フロスト・アンド・サリバンのICTの業界マネージャー、プラナベシュ・ナス氏は、東南アジア諸国には外国人投資家を引き付ける共通の要因があると述べた。

これには、安価な労働力、成長する国内市場、政府がクラウドコンピューティングなどの新しいテクノロジーの採用を可能にするインフラストラクチャーを構築するための継続的な投資が含まれています。

ガートナーのシニアアナリスト、フレディ・ニング氏は、ベトナムを拡大すると、比較的急速に成長する中産階級の人口が消費財のために資金を調達する意欲が高まっていることを背景にICT支出が増加したと語った。

「ICTを始めとするあらゆる種類の製品やサービスに対する需要が上昇傾向にあり、社会成長の大きな激動を除けば、市場が成熟し成長がテーパする前に少なくとも10年〜15年はこの成長が続く」と同氏は推測した。

また、政府は、世界銀行などの組織からの対外援助、補助金、融資などにより、インフラ整備にも強く投資していると付け加えた。これは、順調にICT支出の勢いを維持し、ベンダーがITエコシステムバリューチェーンをサポートする機会を提供すると同氏は指摘する。

また、ベトナム政府は、ICTを2020年までにGDP(国内総生産)の8〜10%を目標とした戦略的経済部門として発展させることを約束していることに留意したと、Vu-Thanh Nguyen氏は付け加えた。

また、ベトナムには、IT企業の国内進出を支援するソフトウェアアプリケーション開発などの分野で熟練したIT人材が揃っています。Frost&Sullivanのシニア業界アナリスト、Mark Koh氏は、

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

ガートナーのNgは次のように述べています。「ベトナムのICT専門家とソフトウェアエンジニアは、世界でも開発された高価な地域と比較しても、コスト面で比較的競争力があります。

ガートナーの主席アナリスト、エリカ・ガドリ(Erica Gadjuli)氏は、インドネシアもICT製品、特にハードウェアに対する強い国内支出を経験していると指摘する。同氏は、2009年から2011年にかけて、PCとストレージのようなエンタープライズ・コンピューティング・ハードウェアが同様の成長傾向を示していた一方、

特に中産階級の消費者は非常に熱心な技術者であり、技術デバイスをリフレッシュするとITの支出が増えると同氏は付け加えた。

通信業界は大きな市場機会を得ているが、インドネシアとベトナムの両方で成長の可能性を秘めているのは電気通信分野だとアナリストらは指摘する。

Kohは、インドネシアのモバイル普及率は比較的高いものの、潜在成長率は依然として高いと述べています。具体的には、ブロードバンドの普及率(固定電話と携帯電話の両方)は依然として非常に低いが、今後数年間は拡大すると見込まれている。

さらに、政府は、ブロードバンドのアクセス可能性を拡大するために、現在、全国のファイバーブロードバンドバックボーンの確立に取り組んでいると付け加えた。

これは、Huawei Indonesiaの顧客ソリューションおよびセールスサポート部門の副ディレクターDani Ristandi氏によって確証されています。同氏は、インドネシア政府と協力して、医療、エネルギー、交通などの他の産業が成長する基盤として、ICTインフラストラクチャを基盤としていることから、全国のブロードバンドネットワークを展開すると述べている。

スマートフォンの普及率が低いため、モバイルブロードバンドの普及率も急騰すると予想されている。

ベトナムでは、アジア太平洋地域で最も成長が著しいモバイル通信市場の1つであると指摘した。ベトナムは、人口規模の小規模市場の1つであるにもかかわらず、モバイルサービス、特にデータサービスによって拍車をかけて急速に成長すると予想されています。

固定回線セグメントはまた、サービスや固定ブロードバンドの普及率が依然として低く、特に農村地域においては、いくつかの機会を提供するとアナリストは述べています。同業界はまた、今後数年間で固定ブロードバンドでの成長を促進するために、農村インフラを拡大する政府の計画によってさらに強化される、と同氏は述べた。

まだ障害を乗り越えなければならない。しかし、これらの2国では、すべてのバラ色のビジネスをしているわけではない。

Nath氏は、各国の主要都市以外のITインフラストラクチャは依然として貧弱であり、これが消費者と政府に新しいサービスを提供するうえでの「最大の障害」であると指摘しました。

「ビデオ会議やテレプレゼンスなどの高帯域幅製品を販売しようとしている企業間(B2B)企業は、これらの制約のために成功するのが難しい」と説明した。

同代表は、両国政府に対し、マレーシアとシンガポールが達成したような全国的な高速ブロードバンドサービスの展開などのインフラプロジェクトを早急に追跡するよう要請した

NMIはまた、ベトナムの経済は著しく高いインフレ率を持ち、その通貨はここ数年で値上がりしていると指摘した。同氏は、これが価格設定、支払いおよびその他の財務活動に関してビジネスに影響すると述べているが、安価な通貨はまた、ソフトウェアアウトソーシング、ハードウェア製造などの輸出指向サービスの機会を創出する。

Gadjuliはインドネシア、とりわけ政府部門において、このような慣行がまだ残っていると述べている。官僚主義も、しばしば不必要なコストとその国で活動する企業への非効率性を引き起こす、と彼女は付け加えた。

Koh氏は、全体的な状況は改善しているものの、これらもベトナムにも当てはまると指摘した。

それは、「流動的かつ急速に変化する法的環境」は、投資家やビジネスの信頼を向上させるために、より透明性と明快さを必要としている、と彼は指摘する。アナリストらによると、同国の知的財産権(IP)の権利制度は存在するが、噛みつきがなく、ビジネスにIPに頼っている多くの企業が繁栄する可能性があるという。

一方の企業は、両方の経済圏での営業経験も共有していました。 Red Hat Asia-PacificのAseanゼネラルマネジャーであるDamien Wong氏は、同社は高い成長率と急速なIT支出のために、両国に引き寄せられたと語った。

しかし、ベトナムでは、ビジネス言語としての英語の使用が不足しており、ベトナム語を話す従業員を増やす必要がありました。

インドネシアでは言語の問題はあまりありませんでしたが、企業はナビゲートする必要のある独特のビジネス文化を持っています。

Wong氏は、「関係が重視されており、意思決定者は互いの間で快適に行動しなければなりません。

労働法はまた従業員を好む傾向があり、不適正な雇用が現地で行われた場合、業績管理は非常に難しくなります。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、