データセンターの数が多すぎますか?

大陸ごとに2つ以上のデータセンターを推奨することは理想的なモデルであり、しばしばばらつきがあるとGartnerは分析しています。大陸の双子サイトへのアプローチは、 ITオペレーションの標準目標となります。北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋地域の2つのサイトを意味します。

彼らの発言は、ビジネス買収やビジネスニーズの変化によるデータセンター事業の勢いのない成長に対処するという問題に基づいているようです。複数のサイトやシステムを維持することで、変化するビジネスニーズに迅速に対応する必要があるときに、複数のサイトやシステムを維持することが妨げられていることが、どのようにしばしば嘆かわれているかを反映しています。ツインデータセンタートポロジの目標は、より効率的なデータセンターアーキテクチャを提供しながら、運用コストと展開コストを削減することです。しかし、このタイプのアーキテクチャに焦点を当てることは非常に実用的ではないように見える膨大な数の状況があるようです。

レポートには、災害復旧とビジネス継続性の設計など、複数のデータセンターがビジネス要件である多くの一般的な状況があることが認識されています。もちろん、このアーキテクチャーモデルへの移行コストが経済的に正当化されない場合の根本的な問題です。

このコンセプトは興味深いものですが、データセンターのトポロジとデザインに対する実践的なアプローチよりも、知的エクササイズのほうが多くなります。このコンセプトには、完全に適用可能なデータセンターのサブセットが限られていますが、内部ですべてのITデータセンター操作を実行している施設や、第三者によって施設が運営されているコロケーションデータセンターを使用し、IT機器がビジネス。また、デュアル・ペアリングが単一の冗長インフラストラクチャーであると考えると、大陸ごとに2つのサイトが示唆されていますが、ある程度大企業はすべての卵を1つのバスケットに入れています。

表面的には、このトポロジが実用的な目標である幅広いIT状況を想定することは困難です。企業がインフラストラクチャを完全に再構築してサービスの提供効率と費用の最適化を行う場合、モジュラデータセンターからハイブリッドクラウドサービスに至るまで、幅広い選択肢があります。この “2つの”デザイン。

目標が複数のリソースの統合であれば、これは賞賛できる目標のようです。しかし、ヨーロッパやアジアなどの分野では、データセンターとその含まれるデータをどのように扱うべきかという地政学的性質や、対処する必要がある帯域幅やサイトの適合性に関する技術的な問題によって、技術的な問題が往々にして捨てられることがあります。したがって、コンセプトは、尊敬されるアナリストのグループによって提示された興味深い知的運動であるが、その全体的な実用性は、極めて限定された状況にしか適していないようである。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC