インドは、通信量の格差に対処しなければならない

今年7月、インドは歴史のはじめて、電気通信のユーザーベース全体に浸透しました。

インドのテレコム規制当局(TRAI)が発表したデータによると、2012年6月の965.52百万人から、全通信利用者ベースは2,071万人減少して9億4,481万人になった

このディップの主な理由は、過去60日間にモバイルを使用していなかった非アクティブなプリペイド加入者を非アクティブ化しなければならなかった通信事業者によるものです。

ユーザーベースの最大の損失は、リライアンスコミュニケーションズ(Reliance Communications)が2048万人のユーザーを失ったことになります(2065万人の「失われた」加入者のうち​​)。続いてTata Teleservices、Uninor、Videocon、Loopおよび国営のMahanagar Telephone Nigam Limited

インドには携帯電話を使って音楽を聴いたり電話を受けるだけの加入者が数多くいます(どちらもcoumtryでは無料です)。

ユーザーあたりの平均収入(ARPU)は、インドの電気通信事業者にとって常に懸念されていました。世界が目にすることは、急速に増加している電気通信加入者基盤であり、実際にはかなり速いペースで成長しています。例えば、TRAIの数字によると、インドの携帯電話加入者数は、2006年3月にわずか987.8万人でした。2012年7月までに、913.49百万人に増加し、6年間で10倍になりました。

しかし、この成長には厳しい格差があります。残っているのは農村市場です。 TRAIの数字によると、農村部での電話回線密度は、都市部では157.11%であったのに対し、わずか39.54パーセントです。

さらに、各州間でも大きな格差があります。ビハール、アッサム、マディヤ・プラデシュなどの州は、それぞれ47.45人、49.16人、54.84人の遅れであり、全国平均の77.79パーセントをはるかに下回っています。ケララ州、パンジャブ州、ヒマーチャルタミルナードゥ州、デリー州などの州は、100%以上の通信密度を持っています。

イノベーション:?ブラジルにM2M市場が跳ね返り、通信事業者、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンド、通信事業者、テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、?安いデータでインドのテレコムを揺るがす自由な声

M2M市場はブラジルに戻ってくる

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす