大きなデータアプリケーションは、サービス指向であるべきですか?

大規模なデータに関しては、サービス指向アーキテクチャーまたはRESTインターフェースが最も効果的です。

RESTとSOAの残りの議論は、これまでに解決されましたが、それでも、どちらかが最も効果的な分野やアプリケーションは存在していません。たとえば、大規模なデータインフラストラクチャの一部の領域では、軽量のRESTプロトコルを使用する方が効果的です。

RESTとSOAのアプローチは、最近SearchSOAで書いたTom Nolleによって取り組まれました。彼の結論:RESTインターフェースは、いくつかの例外を除いて、大規模なデータ分析アプリケーションに適しています。ここにいくつかの重要な状況があります

大規模なデータリポジトリ:大規模なデータリポジトリのようなものがアプリケーションに結合された特定の機能セットを公開すると、SOAは適切です。また、「SOAは、特定の分析プロセスや削減プロセスの結果に関して、より大きなデータをアプリケーションが使用すると予想されるシナリオでは意味があります。

セキュリティとガバナンス:ここではSOAが最良の選択肢かもしれない、とNolleは言います。 「セキュリティとガバナンスのために、アクセス・ロギングと制御は明示的で、ユーザー・ディレクトリとアプリケーション・アクセス・コントロールと高度に統合されている可能性がありますが、RESTではセキュリティとアクセス制御のメカニズムを外部から適用する必要があります。大規模なデータ製品レベルでRESTが使用されても、SOAコンポーネントの内部で使用できます。

ユーザー・インターフェース:RESTfulなインターフェースは、「アプリケーションが高水準のサービスに抽象化することなく、大規模なデータをリソース・セットとして知っている必要がある場合」には意味があります。

RESTとSOAの両方:トランザクション作業がビッグデータコンポーネントに含まれている場合、またはビッグデータ参照がトランザクション内の複数のコンポーネントに分散されているかどうか。

(写真:Joe McKendrick。)

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO