Infosys、SAP Business ByDesignの練習を開発する

昨晩、私はInfosysの上級幹部と夕食をとりました。会話の多くはOracle Fusion Appsを中心とし、次世代のインターネット対応ユーザーへの対応はSAP Business ByDesignを面白くしていました。

Infosysは、社内に導入する独自のトレーニングスキームを開発するための第一歩としてSAPからトレーニングを受けていると述べています。同社は数字については言及していませんが、インフォシスは、ByDesignを、SAP Business Suiteの導入を検討する可能性のあるGlobal 2000の顧客の少なくとも一部のための「サラウンド」戦略として提供することは良いビジネスだと考えています。子会社。

SAPは、現在、米国、ドイツ、フランス、インド、英国、中国の6か国でローカライズされた業務のみをサポートしています。インフォシスは、他の地域で需要を示すことができると考えており、SAPの開発を加速させるでしょう。

これは興味深い開発です。 Infosysは通常、大規模ビジネスのトップエンドで動作します。そのため、収益に丸め誤差を追加するだけではなく、子会社環境に合わせて導入コストをどのように拡大することができるのだろうか。

同社はこれを問題とは見なしていないが、これはインドにおける人件費の裁定が他の地域と比較して有利だからである。同氏は、ポートフォリオの顧客には、数百の小規模な子会社があり、ByDesignが適切なものであると主張している。

同社は、同社のコミットメントを実証するために、追加の収益源を創出する手段として業界の垂直市場における一連のアドオンの可能性を検討していると述べた。 ByDesignはソリューションポートフォリオを拡大する機会として、真剣に取り組んでいます。

社内での議論では、これがどのように機能するかについての明確さが不十分であるという理由で、SAPの市場参入を批判してきました。私のコメントは、SAPが最初にソリューションを配置している中小企業に向けられています。この展開は、SAPがこの方向にすばやく移行する能力を実証する既存のSIを魅力することを嫌うものではないことを示唆しています。

偶然にも、私はSAPオンデマンド/ SaaS事業の責任者であるDoug Merritt EVPに立ち向かった。彼は言った:「これはいくつかのことを驚かせるだろうが、ByDesignがどこに行くことができるかには限界がないとは思わない。そこにはたくさんの機会がある」

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します