Informatica、アジアの足跡を拡大

シンガポール – 米国を本拠とするデータ統合ソフトウェアプロバイダであるInformaticaは、南アジアの顧客基盤の拡大に対応するため、島嶼国にショップを開設しました。

Informaticaの社長兼CEOであるSohaib Abbasiは、シンガポール事務所の開設により、アジア太平洋地域のスタッフ総数は30人になると述べています。シンガポールには南アジアの本部である8人の従業員がいます。

シンガポールのオフィスは、Informaticaの顧客であるASEANとインドの顧客に直接販売と販売のサポートサービスを提供すると、シンガポールの地域マネージャであるJoel Momberger氏は述べています。 Informaticaの顧客には、DBS銀行、海外の中国銀行、SingHealth、Pepsicoの地域事務所、ING Bankなどがあります。

Informaticaは2005年初頭にアジア太平洋地域に足を踏み出しました。北京、韓国、台湾に駐在員事務所を開設しました。

Abbasiによると、アジア太平洋地域の代表事務所を開設しようとする動きは、2004年7月にCEOに就任する頃に始まった。

同社は今月もオーストラリアのシドニーに事務所を開設する計画だという。

Informaticaはデータ統合にもっと重点を置くようになり、世界中で「6/4前に」拡大しました.Informaticaに入社する前にOracleで20年間働いたAbassi氏は述べています。そして、それは成功したと思われる戦略だと付け加えた。

2005年12月31日に終了した年度において、インフォマティカの収益は2億7670万ドルで、2004年の2億1,970万ドルから22%増加しました。

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験

同社は世界的に雇用されています。過去1年間で、Informaticaの人員は25%増加し、主に「顧客対応」スタッフを雇用しています。同社は全世界で1,000人以上の従業員を抱えています。

Abbasi氏は、グローバルなアウトソーシングの傾向がビジネスにとっての恩恵であると考えています。彼は次のようなデータ断片化の波が私たちの大きなチャンスであると予想しています。

同社は先週のシンガポール事務所開設時に、2006年4月に一般利用可能なPowerCenter 8データ統合プラットフォームを展示しました。

当社の顧客は、差異の[データベース]ソースにデータを保存しています。私たちの中立性は、顧客がどこにあってもすべてを統合できることを保証します」とAbbasi氏は述べています。

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く