Microsoft Virtual Server 2005 R2レビュー

最初に、VMWareサーバーの形で市場をリードするサーバー仮想化ソフトウェアの無償提供を発表したVMWareが登場しました。その後、MicrosoftはVirtual Server 2005 R2を無料でダウンロードしてすぐに対応しました。さらに、同社は、Linux仮想マシンの正式なサポートと、このような設定を強化するための新しいVirtual Machine Additions for Linuxパックを提供することにより、顧客のプレッシャーに屈している。

MicrosoftのVirtual Serverは、理論上、ほぼすべてのx86 IntelベースまたはAMDベースのシステムにインストールできます。ただし、推奨プロセッサーは1GHz以上のPentium以上です。少なくとも256MBのメモリも必要ですが、特に、それぞれに独自のメモリ割り当てを持つ多数の仮想マシンを実行する場合は、さらに多くのメモリが必要になります。

ゲスト(VMWare Serverの場合)では仮想SMPはサポートされておらず、現在64ビット仮想マシンをホストする機能もありませんが、64ビットプロセッサとマルチプロセッサホストがサポートされています。

ご想像のとおり、Windowsはホストサーバーにインストールする必要があり、ライセンスを取得する必要がありますが、VMWareではWindowsホストまたはオープンソースLinuxホストのいずれかを選択できます。ここではWindows Server 2003をお勧めしますが、Small Business Serverを含むどのバージョンでも使用できます。あるいは、XPをテストと開発にのみ使用することは推奨されますが、実稼働環境では使用できません。

セットアップと使い易さ

無償で提供されて以来、今やVirtual Server 2005 R2のエンタープライズ版は1つだけです。これをダウンロードし、Windows Server 2003 R2を実行しているDell PowerEdge 2850にインストールしました。デュアルコアXeonプロセッサと2GBのメモリとRAID 5ディスクアレイを装備したPowerEdgeは、非常に洗練された構成になっており、仮想マシンとして動作するプロダクションサーバをホストするために必要なプラットフォームの一種です。

展開は簡単です。ホストシステムが(IISを実行している)アプリケーションサーバーとしてセットアップされていることを確認し、提供されたセットアップウィザードを使用してVirtual Serverソフトウェアをインストールする必要があります。プロセス全体には数分しかかかりません。その後、Webブラウザから仮想マシンを作成および管理できます。ブラウザーウィンドウにローカルコンソールを持つような、別個のActiveXコンポーネントも各仮想マシンのリモートコントロール用に用意されています。 SSL暗号化は、Active Directory経由で管理されるユーザー認証を使用して、すべての接続で有効にすることもできます。

欠点として、ブラウザインタフェースは、特にリモートから実行する場合、VMWareで採用されているカスタムWindows GUIほど使い慣れていて、それほど滑らかではありません。しかし、新しい仮想マシンを作成し、メモリ(最大1,847MB)を割り当て、その仮想ハードディスクを指定するオプション(仮想IDEドライブ(最大サイズ127GB)またはSCSI 2TB)。残念ながら、LinuxのフルSCSIサポートを利用するには、追加パックとVirtual Server SP1のアップデートが必要です。これはテスト時にはまだベータ版でした。仮想ネットワークインターフェイスは、プライベート内部ネットワーク(VMからVM)またはホストアダプタを介して外部にブリッジすることもできます。

新しい仮想マシンを起動し、R2ソフトウェアでPXE(Pre-boot eXecution Environment)がサポートされている実際のPCと同様に起動し、必要に応じてリモートプロビジョニングを可能にします。それ以外の場合は、CD-ROM(実際のイメージまたはISOイメージのいずれか)から起動して、ゲストOSをそのようにロードすることができます。

我々は、Windows(2000およびXP)のいくつかのバージョンをインストールし、Ubuntu Linux、Fedora Core 5、およびRed Hat Enterprise Linuxを実行する仮想マシンも構成しました。

Windowsのインストールは簡単で、Red Hatソフトウェアも期待どおりに動作しましたが、UbuntuとFedora Coreの両方を正しく動作させるには問題がありました。これはまったく驚くべきことではないMicrosoft製品であり、Linux仮想マシンをホストしようとする人は、特に公式にサポートされているRed HatまたはSUSEディストリビューション以外のものであれば、VMWareを使う方が良いでしょう。

プラス面では、Linux用のVirtual Machine Additionsをダウンロードしてインストールすることで、Linuxの表示、ディスク、ネットワークインターフェイスを強化し、マウスと時計の同期にも役立ちます。しかし、Windows Additionsとは異なり、関与するソフトウェアは手動で設定する必要があります。2.5カーネルを使用している場合は、再コンパイルが必要になることがあります。

パフォーマンス

仮想マシンのパフォーマンスは優れていました。主に、デュアルコアプロセッサを搭載したDellサーバーに起因していました。デフォルトでは、CPUリソースは動作中のVM間で等しく共有されます。ただし、通常はVMを重み付けするか、一定の割合で処理能力を割り当てることによって、手動で設定を調整することもできます。これは、このリリースの仮想マシンに複数のプロセッサを割り当てることはできませんが、パフォーマンスを保証する場合に便利です。

VMWareの場合と同様に、各仮想サーバーVMは、既存の物理(Windows)サーバーをすべての設定とアプリケーションで移行できるツールを使用して単一のファイルに保持されます。また、仮想ディスクのサイズを動的に変更することもできます。これは非常に便利で、VMの状態を保存してリロードすることができます。これは、不注意によるOSの変更のテストや取り消しに最適です。実際、この方法でオペレーティングシステムのインストールを一時停止して再起動しても、正常に完了した時点から再開してプロセスを正常に完了できました。

結論

全体として、Virtual Server 2005 R2は配備が簡単で、有能なサーバー管理者以上の特別なスキルを必要としません。しかし、ホスト(Windows)の選択肢は1つしかなく、Linuxのサポートは正式にはRed HatとSUSEだけに限られています。また、管理インターフェイスを改善することもできます。また、64ビットゲストや仮想SMPを完全にサポートしたい場合は、VMWareを参照してください。つまり、マイクロソフトのパッケージは職場での仕事に就いて、それが主張していることをして、自由であり、あなた自身のために試す価値がある。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン