オープンソースの動きがアジア全域に広がる

近年、オープンソースは、技術者とビジネス意思決定者の両方から注目を集めており、一貫して見出しを立てています。

アジア地域での採用と関心は、さまざまな側面からでも成長してきました。

たとえば、フィリピンでは、早期導入企業が民間部門から参入していますが、シンガポールのオープンソースの動きは現在、開発者の前で強く勢いを増しています。

マレーシアでは、公共部門でオープンソースの採​​用を推進する政府の2004年7月の「マスタープラン」が成果を上げています。 7月中旬現在、同国の政府機関の71.1%がオープンソースを導入しており、2008年には354社、2007年には163社となっている。

また、インドの導入が拡大している一方で、同国のオープンソース・キャンプは、複数の基準をサポートするための電子政府プロジェクトの提案には嫌われている。

この特別レポートでは、アジアのウェブサイトは、シンガポール、マレーシア、インド、フィリピンの4つのアジア諸国におけるオープンソースの採​​用動向を調査し、これらの市場で直面している問題と利益を享受しています。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース