マイクロソフトスモールビジネスサーバー ‘オーロラ’ベータ1レビュー

マイクロソフトのスモールビジネスサーバーは、受信していない最初のバージョン(4.0および4.5)から、適度に成功した巨大なSBS 2000、そしてその後SBS 2003/2003 R2だった暴走の成功まで、長年にわたり市場で興味深い旅をしています。続いて現在のSBS 2008が続きます。

オーストラリアや世界中の多くの中小企業がSBSの「大企業のIT機能」の構築に成功し、Exchange、SharePoint、SQL Serverなどのツールを中小企業の従業員に提供することにより、生産性が向上しました。そして、多くのITサービス企業は、SBSをベースとした中小企業のITインフラストラクチャの販売と維持において、非常に良いビジネスを行ってきました。しかし、世界は変化しています。

問題は、SBSが悪い製品ではなく、機能性、使いやすさ、安定性がバージョン間で改善されていることです。 SBSのターゲット市場(5〜75ユーザー)が、「大企業の機能」のためにクラウドを探し始めていることだけです。 SBS 2008を実行するには、かなり重いボックス(少なくともデュアルコア、好ましくはクアッド、8-16GBのRAM、オフサイトバックアップのための高速ディスクと外付けハードドライブを備えたハードウェアRAIDが必要)が必要です。 Exchange(ウイルス対策およびスパム対策システムを含む)の管理、SharePointデータベースのバックアップなどが含まれます。要するに、SBSは、ビジネス価値を維持し、実際にビジネス価値を得るための専門的なノウハウを必要とするかなり複雑なシステムです。

多くの中小企業、特に10人未満の「マイクロビジネス」は、Exchange、SQL、SharePointの各サービスを実行するコストを、MicrosoftのBPOS(ユーザー1人あたり16.95オーストラリアドル、 1か月あたり)。その他の無料または低コストのクラウドオプションは、Google AppsまたはWindows Liveです。

一方、大部分の小規模企業はサーバーを完全になくすことはできません。ビジネスクリティカルなデータは、企業内のミラーリングされたハードドライブ上に保存し、オフサイトで定期的にバックアップする必要があります。 。ピアツーピアワークグループネットワークは、保守とセキュリティの観点からうまく機能しません。インターネット接続がダウンしているときに、会社のすべてのデータをクラウドに入れるとどうなりますか?誰も全く仕事をすることはできません。

これらの問題に対するマイクロソフトの答えは、コードネーム「Aurora」のSBSファミリの最新のメンバーです。フードの下にはWindows Server 2008 R2(x64のみ)エンジンがあり、その上にWindows Home Server(バージョン2.0、現在ベータ版の名前でベータ版)が用意されています。

マイクロソフトが小規模ビジネス向けのサーバー製品ラインナップを分割していることから、混乱が生じるかもしれませんが、一方では、クラウドリンクを使用するビジネス向けのファイルサーバーとハブの管理が容易なオーロラがあります。一方、SBS “7”は、SBS 2008の後継製品で、Windows Server 2008 R2をExchange 2010、SharePoint 2010などで構築し、独自の “大企業の技術”をホストする小規模企業向けです。

オーロラのインストールは、途中で尋ねられる質問の数を最小限に抑えて簡単でした。最小システム要件は、2GHz x64 CPU、2GBのメモリ、少なくとも1つの160GBハードドライブです。

これは私たちが見た最初のSBSバージョンで、IT以外の訓練を受けた人が管理し、維持するのに十分簡単です。 「ダッシュボード」と呼ばれるメインコンソールは、ユーザー、コンピュータ、サーバー共有/ストレージのタブを備えており、日々の作業に簡単にアクセスできます。

すべてのAurora管理タスクのための “ワン・ストップ・ショップ”。 (Paul Schnackenburg /ウェブサイトオーストラリアのスクリーンショット)

さらに重要なのは、追加機能を提供するためのアドインを使って、拡張性があることです。現時点では、利用可能なアドインは数多くありませんが、Microsoftではクラウドサービスのアドインについて言及しています。これは、社内のExchangeサービスを別のサーバーで管理したり、グループポリシー管理で使用したり、 Hyper-V仮想化ホストまたはSQL 2008 R2サーバーとして機能できる第2のサーバーのライセンスを追加します。私たちは一般的なツールへのアクセスを提供する無料のAWIECOリモートランチャーアドインを試しました。

アドインを追加すると、各ツールのアイコン付きの追加タブとして表示されます。 (Paul Schnackenburg /ウェブサイトオーストラリアのスクリーンショット)

オーロラの市場での成功は、マイクロソフトと他社の両方から来るこれらのアドインにある程度依存することは明らかです。 Auroraは最大25台のデバイスしかサポートしていません; SBS 2008(および今後の「SBS 7」)は最大75台のコンピュータをサポートします。

Windows Home Server / VAILとは異なり、偽のアカウント管理には心配する必要はありません。簡単なダッシュボードの背後には、ユーザーアカウントとコンピュータアカウントを集中管理する完全なWindows 2008 R2 Active Directoryドメインがあります。典型的なAuroraネットワークに大きな利益をもたらすグループポリシーの機能もありますが、現時点ではこの機能はダッシュボードに公開されていません。

オーソラは、Windows Home Serverから継承されたDrive Extenderというテクノロジによって、共有レベルでのデータの重複を伴​​う高価なハードウェアRAIDに代わる優れた方法を提供します。セカンドハードドライブをインストールしてストレージプールに追加すると(バックアップではなく)、サーバー上のすべてのデフォルト共有が複製を開始しました。

サーバ上の利用可能なディスクスペースをプールとして管理することは、巧妙で、操作が非常に簡単です。 (Paul Schnackenburg /ウェブサイトオーストラリアのスクリーンショット)

1つまたは複数の外付けハードドライブをAuroraに接続し、簡単なウィザードを完了して、選択したデータをスケジュールに従ってバックアップします。最も頻繁な時間は30分ごとです;デフォルトは1日2回です。面白いことに、Auroraは、クライアントコンピュータのイメージベースのバックアップを提供しています.SBSの他のバージョンでは提供されていません。これらは、サーバのバックアップと一緒に外部ドライブに保存することができ、かなり包括的な災害復旧ソリューションを提供します(外付けドライブが定期的にスワップされるように十分に慎重になっている場合)。サーバーがバックアップを実行できるように、クライアントコンピュータが休止状態/スリープ状態から復帰するオプションもあります。

バックアップの設定は簡単です。毎晩誰かがそれらのドライブを交換するようにします。 (Paul Schnackenburg /ウェブサイトオーストラリアのスクリーンショット)

アップロードの帯域幅が利用可能で、十分に安い場所(ナショナルブロードバンドネットワークの誰ですか?)では、クラウドベースのバックアップのオプションも実際に見たいと思います。これは、現在中小企業向けITサービスプロバイダーの多くが提供しているサービスです。オーロラ用のアドインは、これを簡単に構成できるようにするのが良いでしょう。

共有フォルダは簡単に作成できますが、アクセスのオプションは[アクセスなし]、[読み取り]、または[読み取りと書き込み]に制限されています。

クライアントコンピュータを接続するのは簡単な作業です。クライアントPCでhttp:// server-name / connectを参照するだけです。これは、サーバー名を覚えておらず、http:// connectを使用するだけのSBS 2008の小さなステップです。これは、AuroraがネットワークのDNSサーバーとして機能していないためです。驚いたことに、Macコンピュータ用のソフトウェアをダウンロードするリンクもありますが、この機能はテストしませんでした。オーロラのヘルスモニタリングソリューションは、Mac OS X 10.5以降を含むサーバコンピュータとクライアントコンピュータの両方にタブを維持します。

デスクトップと設定をカスタマイズした場合は、SBSの以前のバージョンと同様に、接続ウィザードが新しいAuroraベースのユーザーアカウントにこれらの設定を転送することがわかります。

クライアントコンピュータをAuroraに接続すると、最も一般的に使用されるツールにアクセスできるガジェットであるLaunchpadもインストールされます。

オーロラで最も一般的に使用されているツールへのショートカットです。 (Paul Schnackenburg /ウェブサイトオーストラリアのスクリーンショット)

マイクロソフトの無料セキュリティエッセンシャル(アンチマルウェア)が最大10人のユーザーでサポートされているという最近の発表で、おそらくマイクロソフトはクライアントコンピュータ用のMSEの自動インストールを含めるべきでしょうか?

以前のバージョンのSBSと同様に、リモートで作業する主な手段は、ファイル共有とリモートデスクトップへのアクセスをクライアントコンピュータ(Windows XP SP3以降)に提供する、カスタムWebサイト(RWA)です。にアクセス権が与えられました。管理者の資格情報を持っている場合は、サーバーへのアクセスも可能です。

モバイルワーカーは、どこからでもインターネットに接続して接続できます。 (Paul Schnackenburg /ウェブサイトオーストラリアのスクリーンショット)

この設定を進めるにつれて、手を握っている包括的なウィザードがあり、オーロラを構成するのが最も難しい部分であることがわかりました。いくつかの選択肢があります:プロバイダーを通じて新しいドメインを購入する(唯一のプロバイダーはGoDaddyとeNomで、offer.com.auドメインはありません)、既に所有している既存のドメインを構成する、またはcompanyname.remotewebaccessの無料オプションを利用するcom。

重要なサーバーおよびクライアントコンピュータの問題に関する電子メール通知は、ITコンサルタントに送信できます。

明確な電子メールは、サーバに何か起きていることを関係者に知らせる。 (Paul Schnackenburg /ウェブサイトオーストラリアのスクリーンショット)

SBSオーロラの実践的な時間を過ごした後は、これが大きな未来の製品であることは明らかです。多くの中小企業が、複雑なITサービスの一部または全部をクラウドでホスティングすることを検討し始めているときに来ています。また、マイクロソフトの価格に応じて、オーロラの機能セットでうまく機能するサーバーを今日も持っていない多くのマイクロビジネスが存在します。

中小企業市場でのオーロラの役割をより完全に把握するためにベータ2を待っていますが、この初期のベータ版ではすべての手がかりが当たっています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン