インドのモバイルサービスは2013年に8%増の$ 22B

調査会社ガートナーによると、インドのモバイルサービス市場は2013年に8%増の1.2兆ルピー(US $ 220億)になるとの見通しを示した。

Gartner氏は、これらの数字は世界規模での数字と比較して大きく、インドは世界の携帯電話ユーザーの約12%を占めているにもかかわらず、世界のモバイルサービス収益の2%しか占めていないと指摘した。さらに、アクティブなモバイル接続は、2012年の7億1200万台から2013年には7億7000万台に11%増加すると予想されています。

インドの携帯電話事業者が直面している2つの大きな課題は、国内での激しい競争の中で利益マージンを拡大し、FacebookやWhatsAppなどのOTT(オーバー・ザ・トップ・サービス)プロバイダーと競合することです。さらに、2013年10月までに無料のインドローミングが予定されているため、これはまだ対処されていない別の課題を生み出します。

さらに、農村地帯の拡大は、インドの電気通信事業者にとってはコストがかかり、これはアクティベーション手数料や関税の高騰のいずれかで消費者に渡される可能性が最も高い。それでも、12億人以上の人口を持ち、1人あたり1つのモバイル接続があると仮定すると、それは必ずしもそうではありませんが、インドの半分以上は既に移動性に接続されています。

インドの消費者は、特にニューデリーやムンバイなどのメトロでは、オーディオとビデオの両方のストリーミングが高い需要を抱えているため、よりブロードバンドなサービスを要求しています。しかし、興味深いことに、現在でさえ、いずれのメトロもアクティブな4G LTEネットワークを持っていません。 Bharti Airtelは、カルカッタ、ベンガルール、プネー、そして現在のチャンディガルに既存の4G LTEネットワークを持っています。

インドの通信事業者のターゲットエリアは、現在、インド全体でモバイルブロードバンドになっています。しかし、これには、インド全体のローミングですでにモバイルインターネットドングルを提供している既存のインターネットサービスプロバイダ(ISP)との競争に加えて、完全実装には時間がかかります。

問題を複雑にするには、様々なサークルやゾーンでインド全域で2Gスペクトルの競売やライセンス供与を行うという点で、インドの様々なモバイル事業者とインド政府との間で、進行中の戦いがあります。これ自体は整理するのに時間がかかりますが、その間に消費者は待つことができません。明らかに、彼らは西側の他の先進国と同様にサービスを欲しがる。残念ながら、彼らはこの綱引きに関係する両当事者の慈悲にあり、辛抱強く待たなければなりません。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

イノベーション;?M2M市場はブラジル、モビリティ、400ドルの中国のスマートフォンで急増? AppleとSamsungは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損害をカバーしない;移動性;オーストラリアの航空会社はSamsung Galaxy Note 7

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止