HPはフラッシュストレージアレイのコストをGB当たり2ドル以下にすることを目標としています

HPは、使用可能なギガバイトあたり2ドル以下のコスト削減を実現するオールフラッシュストレージアレイを発表しました。

拡張された3PAR StoreServ 7450アレイには、ハードウェアアクセラレーションされたインライン一次重複排除機能、シンクローニングソフトウェア、エクスプレスインデックス機能、1.92TB商用マルチレベルセルソリッドステートドライブが含まれています。

今日、ラスベガスのHP Discoverで発表されたこのシステムは、HPが「エンタープライズクラスのストレージ復元力とペタバイトのスケーラビリティを犠牲にすることなく、高性能のスピンメディアと同じ価格でより速い応答時間」を提供すると記述されています。

データ使用量が指数関数的に増加し続けるにつれて、IT管理者は、容量、性能、コスト、消費電力を最適化する方法で、フラッシュ、ハードディスク、テープなどの複数種類のストレージを調整する必要があります。

新しい高密度1.92TB cMLCドライブは、HP 3PAR圧縮技術と組み合わせると、ストレージコストを使用可能なギガバイトあたり2ドル以下に抑えることができます。

HP 3PAR Thin DeduplicationとHP 3PAR Thin Clonesソフトウェアは、既存のシンプロビジョニングとゼロブロック重複除外の利点を追加したもので、HPは大幅なスペースを解放します。

また、SSDサプライヤと協力して、メディアサプライヤが通常確保するスペースを削減することで、ドライブあたりの使用可能な容量を最大20%まで拡張しました。

Express Indexingを使用すると、アレイを460 TBのRAWストレージと1.3ペタバイト以上の同等の使用可能容量にスケーリングすることができます。

このシステムには99.9999パーセントのストレージ稼働時間が保証されており、HPは480GB、920GB、1.92TBのHP 3PAR StoreServ SSDで5年間の保証を提供しています。

3PAR StoreServ 1.92TB cMLCドライブは、7月に1ドライブあたり14,315ドルで提供される予定です。

3PARの3PAR Thin Duplicationおよび3PAR Thin Cloneソフトウェア3PAR StoreServ 7450は、2014年9月に3PAR Operating System Software Suiteの一部として追加料金なしで出荷を開始する予定です。

IDCは、2016年までに全フラッシュストレージアレイ市場が16億ドルに拡大すると予測しており、2012年から2016年までの年平均成長率は59%に達しています。

NetApp、Zaloniと提携しているデータ湖の中間層システムを開始

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

新機能

ストレージ、NetApp、Zaloniと提携しているデータレイク向けの中間層システム、クラウド、EMCとの契約を締結したMichael Dell:「データセンター、Dellテクノロジーズのリフトオフ:Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合;ストレージ; FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズムは、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す