インテル、予算アイビー・ブリッジ・コアi3、Pentiumデスクトップ・プロセッサーを発表

Intelの最新のIvy Bridgeプロセッサは好評を博していますが、予算デスクトップ向けの市場では、これまでのところ利点がありません。しかし、Sandy Bridgeアーキテクチャに基づいて古いCPUの価格を落としながら、チップ会社は新しいCore i3とPentium Ivy Bridgeを静かに導入しています。

わずか86ドルで、Pentium G2120は3.1GHzで動作する2つのコアを提供し、2.6GHzのデュアルコアPentium G2100Tは75ドルで35Wパワー・シッパーです。両方ともアイビー・ブリッジの改良されたHDグラフィックスを使用し、アプリケーションに応じて650MHz〜1050MHzで動作します。 (小売価格はこれらのOEM価格よりも少し上回ることに注意してください – 例えば、G2120はNeweggで99.99ドルで販売しています)。

Core i3には55GHzの3.3GHz Core i3-3220(117ドル)、3.3GHzのi3 – 3225(134ドル)、3.4GHzのi3 – 3240(138ドル)、超低電圧の2.8GHz i3 – 3220T $ 117、i3-3240Tは$ 138です。 2つのコアと3MBのL3キャッシュを含み、ハイパースレッディングをサポートし、HD 2500統合グラフィックスを使用します(HD 4000グラフィックを代わりに使用するi3-3225を除く)。

問題をもっと混乱させるために、Intelは従来の32nm製造プロセスをベースにしたPentium(G645T(64ドル)と2.2GHz G550T(42ドル))を発表しました。 Core i3-2130(138ドルから117ドルまで)、Pentium G870(86ドルから75ドルまで)、Pentium G550(52ドルから42ドルまで)など、いくつかの古いチップが値下がりした。

Intelはまた、ミッドレンジ市場向けにいくつかの新しいクワッド・コアIvy Bridge Core i5プロセッサーを発表しました。 3.1GHzのi5-3350Pと2.7GHzのi5-3333Sは177ドルで、3GHzのi5-3330は182ドルで、2.7GHzのi5-3335Sは194ドルでデビューします。最後に、デュアルスレッドの1.9GHz G465 37ドル、2.7GHz G555 52ドル、および2.2GHz G550Tの新型Celeronチップが登場しましたが、Ivy Bridgeではなく32nmプロセスに基づいています。

[Via CPU World、Fudzilla]

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ