ICANNはAPACに対し、米国のスチュワードシップを終わらせる手助けを求める

ICANNは、米国の管轄下にある世界のWebトラフィックの管理機能を利用して、アジア太平洋諸国に「複数のステークホルダー・インターネット・ガバナンスの開発を促進する」というより積極的な役割を果たすよう促している。

同地域の規模拡大とオンラインプレゼンスの拡大を強調し、世界のインターネットインフラストラクチャーが重要な機能とビジネスを引き続きサポートするよう各国政府に要請しました。金曜日、ICANNは、重要なインターネット機能のスチュワードシップ移転を推進する計画に引き続き注力していると付け加えた。

米国はもともと昨年9月末までに譲渡計画を承認し、譲渡計画を承認する予定だったが、過去16年間にわたり議論されていたこの移行は締め切りに応じて移行することに疑いが持たれていた。米国政府によって調達されたIANA(Internet Assigned Numbers Authority)契約の有効期限が切れ、本契約に基づいて実行される主要なインターネットドメイン名機能がICANNに引き渡される日である2015年9月30日。これには、プロセスチェックやルートゾーンファイルへの変更など、DNSルートゾーンに関連する技術的および管理的機能が含まれます。

しかし、米国商務省の国家情報通信情報管理局(NTIA)は、2015年8月に、スチュワードシップ移転の提案が準備されるまでの時間を確保するために、IANAの契約が米国の管理下に1年延長されたと述べた。

NTIAの管理者であるLawrence Strickling氏は、この数ヶ月間に、コミュニティが作業を完了し、計画を米国政府によってレビューされ、承認されればそれを実行する時間が必要であることがますます明らかになった」と述べ、 2016年9月以降、「必要に応じて」さらに3年間の契約を延長する「選択肢」があります。米国の部門がIANAの機能を監督する責任があります。

ICANNは声明のなかで、重要なインターネット技術機能をめぐって米国政府の監督を終わらせるためのこの「待望の」提案は、「ほぼ完了」しており、「数週間の時」に発表される予定であると述べた。

ICANNのTheresa Swinehart氏は次のように述べています。「世界中のインターネットコミュニティが米国政府に対して約2年間米国の政府に取り組んでいるという提案を発表する予定です。もし受け入れられれば、インターネットの発展の歴史的ポイントになるでしょう。戦略に関する大統領の上級顧問。

私たちの地域ではインターネットユーザーの数が増えていますが、グローバルな分野での私たちの声は、その成長とインターネットユーザーの数に比例していません。私たちは、インターネットが地域のニーズをサポートするために適切に進化していることを確認する必要があります。

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

業界団体はさらに、アジア太平洋地域の指導者が地域の特定の要件をサポートするためにインターネットインフラストラクチャーを確実に発展させるために、移行を推進し、複数ステークホルダー環境を促進する必要性を強調した。

ICANNのアジア太平洋担当副社長兼ローグジャーナルのマネージングディレクターは、「アジア太平洋は伝統的にインターネットガバナンスにおける「価格決定者」であったが、過去2年間にこの変化が見られた。コミュニティは、グローバルなテーブルにステップアップするための自信と準備が増えていることを実証しました。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

彼は、この地域には世界のオンライン人口の推定半分の家があり、合計でわずか30億人に上ると付け加えた。 「インターネットが我々の利益のために進化し続けるためには、利害関係者のニーズに応じて適応しなければならない」とロー氏は語った。 「マルチステークホルダー・インターネット・ガバナンスにおけるステークホルダー・グループの幅広い参加を保証することが重要です。

特に、昨年の世界の電子商取引市場の52.5%を占めているアジア太平洋電子商取引業界にとって、世界的な複数のステークホルダー・コミュニティーによって支えられたこの「自由かつオープンなインターネット」は、商取引支出ICANNは、eMarketerの数字を引用して、2014年には35.7%にとどまり、アジア太平洋地域が世界最大のデジタル小売市場になったのは初めてです。

この成長は、中国、インド、インドネシアの中流層の消費者の増加と地域全体でのモバイル機器の採用の増加によってもたらされました。さらに、数十億のオンラインユーザーは、アジア諸国をはじめとする途上国から来ると予想されていました。

「電子商取引は急速に拡大しており、特に中国ではインターネットサービスがより速く、地域でのモバイル利用が増加していますが、グローバルなインターネットネットワークのためにeコマースが成功することはよくありません。中国インターネットネットワーク情報センターのCEO。

「このネットワークの故障は、企業に大きな損失をもたらし、地域に大きく影響するだろう」と李氏は警告した。

さらに、アジア太平洋地域では約3,000の言語が話され、インターネット上での母国語のサポートの必要性を強調している、とICAANは述べた。しかし、必要な標準や複数のスクリプトをドメイン名で開発するには、言語、コード、およびポリシーの専門家を含む地域社会の複数の利害関係者の積極的な参加が必要でした。

日本ネットワークインフォメーションセンターの政策関係者である奥谷泉氏は、「われわれの地域ではインターネットユーザーが増えているが、グローバルな視野に立つ私たちの声は成長とインターネットユーザーの数に比例していない。私たちの地域のニーズをサポートするためにインターネットが適切に進化していることを確かめてください。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、