日本の企業が無線タグ付き荷物をテストする

日経エレクトロニクスの報道によると、今回のテストは、新しく設立された日本企業のコンソーシアムが、旅客荷物にRFID(無線周波数識別)タグを導入する計画の一部である。

荷物の無線タグ付けは、荷物の仕分けや経路設定に革命を起こす可能性がある、と同報告書は指摘する。 RFID技術が現在異なるシステムに完全に統合されていれば、旅行者の家から宅配便で袋を取り出し、処理した後、乗客の関与なしに航空機に積み込むことができます。

荷物のこの「ハンズフリー」配送は、今年、新しい高度空港システム技術研究コンソーシアムによってテストされます。成田空港庁、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、オムロン、大日本印刷、富士通、松下電器など58社の日本の輸送関連およびエレクトロニクス会社で構成されています。

このテストは今年後半に開始され、今後5年間継続される、と同報告書は指摘している。

日経新聞によると、成田空港庁は2〜3年後に商用システムを商用化することを目指している。

日本の企業はRFID技術の最前線に立っています。例えば、日立はセキュリティ対策として、ユーロ紙幣に埋め込まれるような大きさの無線チップを開発していると噂されている。最近の日本のトレードショーでは、RFID技術のデモンストレーションにより、小売店は小売店で消費者の動きを追跡することができます。

シンガポールから報告されたアジアのスタッフ。

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く