Mandriva Linux 2006レビュー

MandrakesoftとConnectivaの伝統を結びつけたにもかかわらず、Mandrivaは通常第2層のLinuxディストリビューションと見なされます。それにもかかわらず、最新バージョンのMandriva Linux 2006は、パッケージ化されており、32ビットと64ビットの両方のシステムをサポートしています。このソフトウェアは、7枚のCDまたは1枚のDVDに収録されています(実際には、32ビット版と64ビット版の2枚のDVDが用意されています)。また、MandrivaのWebサイトからダウンロードすることもできます。

Mandriva 2006 PowerPack +(199ユーロ〜136ポンド)には、それぞれ異なる目的の2つの大きなペーパー・マニュアルが付属しています.1つは新人のための「初心者ガイド」として、もう1つは老いた人のための「サーバー管理ガイド」 。 Mandriva 2006の2つの安価なバージョンがあります:PowerPack(79.9ユーロ〜55ポンド)はサーバー機能ではなく、基本的な機能を備えていますが、Discovery / Lx(44.9€〜£31)はサーバー機能がなく、 PowerPackのバージョン。

このディストリビューションのスローガンは「Linuxへの切り替え」であり、スターターガイドはそれを文字通り取り入れ、他のオペレーティングシステムのユーザーが自分の足を見つけるのを助けることを明確に目指しています。簡単な章では、Linuxの基礎を紹介し、ユーザーにインストールプロセスを説明します。その後、次の「Mandriva Linuxの発見」の章は、「WindowsとMac OSからのLinuxへの移行」から始まり、「[スタートメニュー、アプリケーションなど]はどこですか?外観にもかかわらず、私たちが怒りでそれを使用したとき、マニュアルはほとんどのilkよりも助けにはなりませんでした。

このパッケージは、最新のAcerタブレット(TravelMate C312XMi)と、より主流の2.4GHz HPデスクトップPCにスムーズにインストールされています。 DrakXのインストーラは、私たちが必要としていたオプションをカバーし、私たちが望むインストールの種類に導いてくれました。インストールは特にDVDを使用して顕著に速かった。

しかし、手持ちは少し余裕があった。 YaST2よりもディスクパーティショナを使うのが少し難しかった。これは、異なる色でディスクパーティションを良好に視覚化することを含みますが、手動パーティショニングオプションを選択すると、不注意に陥る可能性があります。一方、自動パーティションオプションは、問題なくMandrivaをセットアップします。

Mandrivaのインストーラーは、セキュリティの面で効果的にアドバイスすることもできませんでした。 SUSEのYaST2が安全なパスワードを作成するように促したところで、Mandrivaは不適切なパスワードを疑問の余地なく置いています(辞書の単語、すべて小文字)。

アプリケーションをインストールするとき、Mandrivaのインストールルーチンは、Microsoft Word形式または独自の形式で文書を保存するようにOpenOfficeを設定するというファイル形式の選択を促しました。これは移行しているユーザーにとって素敵です。

いつものように、私たちはGNOMEインターフェースを選んだので、わかりやすいデスクトップ環境で終わりました。 Mandrivaはしかし、いくつかのもののために独自のアイコンを選択します。たとえば、通常のFirefoxのロゴではなくむしろ、球形のグローブを使用すると、タスクバーから起動できるブラウザを見つけるためにメニューを検索する必要がありました。他のLinuxディストリビューションと同様、Mandrivaには、Evolutionの電子メール/カレンダープログラム、ワープロ、スプレッドシート、プレゼンテーションなどのOpenOffice、インスタントメッセージングのGaimなどがあります。基本は簡単に設定できます。

しかし、ネットワークプリンタをインストールすることは困難であることが判明しました。他のディストリビューションではオフィス(Windows)LAN上の標準HPレーザープリンタを見つけましたが、印刷するためにMandrivaを2回インストールする必要がありました。たとえば、SUSE LinuxやNovell Linux Desktopでは、YaST2ツールを使用してプリンタを検索してインストールしますが、Mandrivaには独自のコントロールパネルがあり、ネットワークプリンタを追加できません。

これを行うための右ウィンドウへのトレッキングです:Applications / System / Configuration / ConfigurationはMandriva Linux Control Centerに行きます.Mandriva Linux Control Centerにはハードウェアのオプションとプリンタ設定ウィンドウがあります。プリンタを追加するためにクリックすると、ローカルプリンタのみを追加するオプションが与えられました。このツールは、ネットワークプリンタの可能性を認識していないか、その領域でその能力を伝えるように見えました。

プリンターを追加するには、PrinterDrakeツールを使用することをお勧めしましたが、そのツールの検索方法や起動方法は示されていません。ただし、コントロールセンターのヘルプページは同じですが、既に別の名前でPrinterDrakeを使用していたと仮定しています。

メニューに他のオプションがないかチェックすると、Applications / SystemにConfigurationオプションがあり、これもプリンタの設定を約束しました。これにより、Epsonプリンタでインクを管理したり、Lexmarkでプリンタユーティリティプログラムを実行したり、X Windowsプリンタユーティリティを起動したりすることができました。プリンタが設定されていないため中断しました。

最終的には、他の理由でOSを再インストールする必要が生じたときに、ネットワークプリンタを追加する方法を見つけました。インストールプロセスの最終段階で、インストーラがハードウェアを設定しているときに、プリンタを検索し、ボタンをクリックするだけで簡単に追加できます。インストーラはネットワーク上に数十台のプリンタを見つけ、選択したプリンタにテストページを印刷しました。この機能はオペレーティングシステムでは使用できないとは考えられません。新しいプリンタを使用するたびに再インストールする必要がありますか? OSがインストールされ実行されているときにこのオプションを利用できるようになっていれば、非常に隠れている。

私たちはEvolutionクライアントにも失望しました。それはうまくいきますが、Mandrivaは、ほとんどの企業のデスクトップで必要とされるMicrosoft Exchangeコネクタなしで提供されます。 IMAP経由でExchangeサーバーに接続することは可能ですが、これはExchangeコネクタを使用するよりも面倒です。これは簡単に利用できるようになります。

Mandrivaのサイトは、Skypeのテレフォニーがそのディストリビューションと完全に統合されているという事実の多くを作り出しています。 Skypeが立ち上げられ、うまくいっていますが、統合の証拠はほとんど見られませんでした.EpolutionのSkypeボタンはどうですか?Microsoft OutlookのSkypeタスクバーに似ていますか?その他のアプリケーションには、GnuCashと呼ばれる個人向けファイナンスプログラムが含まれていました。

GNOMEデスクトップはMandrivaでも他のディストリビューションと同じように動作しましたが、恐らくは不運なことがありました。これは、Linux初心者の皆さんが恐れているという事件に遭遇したことです。ユーロ記号を取得しようとするAlt-Eは、システムをクラッシュさせ、$ -promptコマンドラインで私たちを投棄しました。

結論

Mandriva 2006は、インストールと起動が高速で、通常のハードウェアですばやく動作する堅牢なシステムを提供します。しかし、デスクトップLinuxディストリビューションでは、プリンタをセットアップするのが難しく、Microsoft Exchangeの組み込みサポートが不足しているため、これが最初の選択ではありません。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン