OpenOfficeのセキュリティに疑問がある

OpenOfficeでは、実際のバグは1つしか発見されておらず、この欠陥はすでに修正されているという。しかし、フランス国防省の調査によると、Microsoft Officeアプリケーションではすでに多くのセキュリティ上の欠陥が発見されており、これらは「簡単にOpenOfficeに転送できる」と主張している。

「OpenOffice.org文書によるウイルスの脅威についての詳細な分析」というこのレポートによると、これは、「OpenOfficeの一般的なセキュリティは不十分だ」とInfoworldが報告している。

この報告書は、OpenOfficeがMicrosoftのOffice製品よりも本質的に安全であるというオープンソースコミュニティの主張に反するものである。 「OpenOffice.orgに添付されているウィルスの危険性は、少なくともMicrosoft Officeスイートほど高く、さらにいくつかの側面を考えるとさらに高い」と研究者らは書いている。

「このスイートは今でも多くの潜在的なマルウェア攻撃に対して脆弱です。

この論文は、4月に出版のために最初に提出され、6月に改訂された。報告書の内容の一部が漏出し始めた後、7月に受け入れられ、8月1日パリのコンピュータウイルス学ジャーナルに掲載されました。

このホワイトペーパーでは、悪意のあるコードがOpenOfficeを攻撃して危険を冒す方法の4つの例について説明します。この弱点は、Zipファイルの使用、特にマクロプログラミング手順とテンプレートの使用などの問題に焦点を当てています。

先週の火曜日、マイクロソフトはPowerPointで1つを含む多くのバグを修正したと発表した。

イギリスのウェブサイトのColin Barkerがロンドンから報告した。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む